ホーム>スタッフブログ>スタッフの日記>菊花賞とボーガン
スタッフの日記

菊花賞とボーガン

今日は菊花賞でした。

仕事柄、週末は忙しいので競馬を見るひまがあまり無いのですが(あったら困るねcoldsweats01)G1レースは参加します。

ほとんどハズレですgawk

菊花賞と言えば…当クラブには「キョウエイボーガン」がいるんです。

40代以上の競馬ファンならご存知ですよね。菊花賞でハナをきり、三冠がかかったミホノブルボンの逃げを許しませんでした。

ペースを乱されたブルボンは2着に敗れ3冠達成はなりませんでした。

その印象が強いので悪者のイメージがありますが、小柄で馬付き合いが上手な気立てのいい馬です。

馬主さんからお預かりして10数年、現在25歳。元気に余生を送っています。

天気が悪い日以外は、毎朝、クラブの練習馬達と一緒に放牧です。

みんな、ずっと一緒なので仲がいいんですよ。

今日は、ボーガンに会いにわざわざ北海道から来て下さった方々がいらっしゃいました。

ニンジンの差し入れもたくさんいただきました。

ボーガンが活躍したのはもう20数年前、それでも時々訪ねて来て下さるファンの方がいらっしゃいます。

たくさんのニンジンやリンゴを持って来てくださいます。写真を撮ったり当時の思い出を語ったり…本当にありがたいですね。

そして、みなさん必ず「元気で良かった」と喜んで下さいます。

今日来て下さった方々は、明日は埼玉、明後日は茨城のクラブに行くそうです。

明日の放牧では「俺に会いに来たんだぜ。ニンジンもらったからお前らにもやるよ」って言うボーガンの自慢話をみんな聞かされる事でしょう。

北海道、横浜からお越しのお三方、どうもありがとうございました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.riding-stable-arisa.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/68

ページ上部へ